文字サイズ
小 標準 大

信州小布施のお酒

桝一市村酒造場

手盃台(てっぱだい)で日本酒をいただく

小布施堂本店の並びに宝暦5年(1755)に創業した桝一市村酒造場があります。
葛飾北斎と親交の深い高井(市村)鴻山は小布施堂一族の第十二代目に当たる人物です。 高井鴻山は江戸末期この酒屋さんを営んでいたのだそうです。

長年の酒造りを基礎に1990年代に入り次々と「碧い軒(へきいけん)」、「鴻山」、「スクウェア・ワン」、「白金」といった新銘柄を開発しています。「碧い軒(へきいけん)」は口当たりも柔らかく、特に女性にはとても飲みやすく感じるのではないでしょうか。

店内には“手盃台”(てっぱだい)と呼ばれる和風なカウンターがありそこでは、おちょこ一杯から全銘柄を味わうことができます。粋なはっぴ姿の店員さんが迎えてくれます。
●営業時間
9:30~17:00

酒蔵のレストラン 蔵部(くらぶ)

また桝一から北斎館の方へ向かう途中右手には桝一の酒蔵が続きその一角に和食レストラン「蔵部」があります。
「蔵部」では厳寒期の酒の仕込み期間中、蔵人がとっていた寄り付き料理という栄養バランスに優れた料理を今風に改良したものが味わえます。重厚な黒い扉を開けると、どこかの映画のワンシーンに出てきそうなムード漂う、まさに「日本」のお店です。店内には大きな酒造りの木桶が置かれていたり、酒造りの絵図や昔の写真が掛かっていたり。ムードだけで酔いそうなステキなお店です。
●営業時間
11:30~14:30
●TEL
026-247-5300


                               

         手盃台


          蔵部


          蔵部


施設情報

●住所
〒381-0294
上高井郡小布施町小布施807
●TEL
026-247-2011

●FAX
026-247-6369

●定休日
年中無休

●メール
info@masuichi.com

●ホームページ
http://www.masuichi.com/

この近くのお店・施設