文字サイズ
小 標準 大

9月22日(金)~2018年3月27日(火)日本あかり博物館「西鶴 浮世絵草子にみる 江戸期のあかり」企画展のお知らせ



日本のあかり博物館では、下記の日程で「西鶴 浮世草子 江戸期のあかり」と題して、特別展を開催しております。

井原西鶴は、江戸前期の俳人であり浮世草子作者でもありました。彼がそのスタイルを作り出したともいわれてれる浮世絵草子は、庶民生活の幅広い主題を扱った小説で、元禄期の大阪を中心に流行しました。この浮世草子のいくつかには、灯火具が登場するものがあります。
今回の展示では、あかりの絵が描かれた西鶴 浮世草子とともに、そこに描かれている灯火具をあわせてご覧いただく事ができます。
この機会に、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。



「西鶴 浮世草子にみる 江戸期のあかり」
会  期:9月22日(金)~3月27日(火)
開館時間:9時~17時
     9時30分~16時30分(11月21日~3月20日)

入館料 :大人500円 高・大学生400円 小・中学生無料
     団体割引1割(20名様以上)
休館日:水曜日(ただし10月、11月は無休)
お問合せ先:日本のあかり博物館 
      TEL 026-247-5669



●イベントのご案内
「あかりの日記念ウォーク」 10月16日(月)~10月22日(日)
「タワーキャンドルづくり」 1月6日(土)
「キャンドルづくり講座」  3月24日(土)
※時間、料金などの詳細は日本のあかり博物館までお問い合わせください。