文字サイズ
小 標準 大

5月11日(金)~7月17日(火) おぶせミュージアム・中島千波館 企画展「次代への表現展ベストセレクション」開催のお知らせ



おぶせミュージアム・中島千波館では5月11日(金)~7月17日(火)の日程で企画展「次代への表現展ベストセレクション」を開催いたします。


1993年から9年間、おぶせミュージアム・中島千波館で開催したグループ展「次代への表現展」は、将来活躍が期待される若手作家をジャンルを問わず紹介してきました。
参加作家の中には、現在活躍がめざましい作家も多くいらっしゃいます。
こちらの企画展ではその中から、木彫の前原冬樹、ペン画の池田学、油彩やインスタレーションを中心に多彩な活動をおこなう曽谷朝絵、油彩画の安西大をピックアップし、グループ展をおこないます。



【前原冬樹】
1962年東京都生まれ。1998年東京藝術大学油画専攻卒業。主な個展に「前原冬樹木彫展」(2004年 佐藤美術館・東京)、グループ展に「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」(2017年 三井記念美術館・東京)、「忘れられない、」(2018年 ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション・東京)などがある。おぶせミュージアム・中島千波館では2008年に個展を開催。多くの来場者があり反響が大きかった。
前原.jpg


【池田学】
1973年佐賀県生まれ。2000年東京藝術大学大学院修士課程修了。2011年に文化庁芸術家在外研究員としてカナダ、バンクーバーに滞在する。2017年に3会場で開催した個展「池田学展 The Penー凝縮の宇宙ー」は大きな話題となった。おぶせミュージアム・中島千波館で2009年に開催した個展が、美術館としては初個展となる。
池田.jpg


【曽谷朝絵】
1974年神奈川県生まれ。2006年東京藝術大学大学院美術研究科油画専攻にて美術博士号取得。2014年に文化庁新進芸術家海外研修制度によりニューヨークに1年間滞在する。「昭和シェル石油現代美術賞」グランプリ(2001年)、「VOCA展2002」VOCA賞(グランプリ)等数々の賞を受賞。2011年におぶせミュージアム・中島千波館で開催した個展では、大規模なインスタレーション作品を展示した。
曽谷.jpg


【安西大】
1970年埼玉県生まれ。1997年東京藝術大学大学院美術研究科修了。在学中に第31回昭和会で日動火災賞を受賞し、その後も前田寛治大賞展佳作賞、両洋の眼展河北倫明賞など数々の賞を受賞している。卓越した描写力と、金箔を使用した油彩画の表現が美しい。2010年におぶせミュージアム・中島千波館で個展「安西大-‛86~花-」を開催し、学生時代から現在までの作品を一堂に展示した。
安西.jpg