文字サイズ
小 標準 大

9月15日(土)~11月25日(日) 北斎館 企画展「北斎VS北斎 冨嶽三十六景×富嶽百景」開催





北斎館では9月15日(土)~11月25日(日)まで企画展「北斎VS北斎 冨嶽三十六景×富嶽百景」を開催します。


天保元年(1830)から5年(1834)にかけて出版された、「冨嶽三十六景」は大好評を得て、北斎は浮世絵界に風景画という新たなジャンルを確立しました。「冨嶽三十六景」を完成させた北斎でしたが、富士を描きたいという思いはおさまることはありませんでした。


富士の様々な景観を余すところなく描きたかった北斎は、天保5年(1834)に『富嶽百景』を発表し、同シリーズは第三編まで刊行されました。「冨嶽三十六景」はそれぞれが鮮やかな錦絵の作品であるのに対し、『富嶽百景』は単色で描かれ、また形も異なる版本として出版されました。


「冨嶽三十六景」と『富嶽百景』の作者は同じ人物、しかし互いに異彩を放つ両者。今もなお多くの人々を魅了してやまない、傑作の対峙をお楽しみください。



会期:9月15日(土)~11月25日(日)
開館時間:午前9時~午後5時(ご入館は午後4時30分まで)
入館料:大人1,000円、高校生700円、中学生以下無料
お問合せ先:北斎館 ℡026-247-5206