文字サイズ
小 標準 大

6月22日(土)~9月8日(日) 北斎館 「北斎から学ぶ!植物。動物の描き方」開催のお知らせ



北斎館では下記の日程で、企画展としまして「北斎から学ぶ!植物・動物の描き方」を開催いたします。


江戸時代の人気絵師北斎は、当時200人以上の弟子を抱える先生でもありました。小さい頃から絵を描くことが大好きだった北斎は、日頃より植物や動物を観察してはスケッチをしていたと言われています。50代半ばに手がけた絵の教科書『北斎漫画』にも様々な植物や動物を描いています。その中には身近に見る花や猫、鳥はもちろん、当時としては珍しい外国の動物ラクダ、南国に生える木々、海に住む巨大なクジラ、サメ、または伝説や空想の生き物まで、ありとあらゆる物を見ることができます。これらの絵は弟子だけではなく、当時の江戸の人々にも参考になりました。


北斎は生涯の中で自身の作品はもちろんのこと、職人のためのデザイン集や、絵師のための指南書も手がけています。『画本彩色通』では、さまざまな植物・動物の描き方について弟子たちに伝授すべく、筆の使い方や色彩の指定に至るまで細かく指示しています。


今回はそんな北斎が残した絵手本や指南書を中心に、初級~上級編、応用編にセクションを分けて紹介します。この機会に北斎の作品から植物・動物の描き方を学んでみてはいかがでしょうか。

企画展【北斎から学ぶ!植物・動物の描き方】

会期期間:6/22(土)~9/8(日)
●開館時間:9時~17時 ※7,8月は~18時まで 
      ご入館は閉館の30分までとなります。
●入館料:大人1,000円、高校生500円、小・中学生300円
●お問合せ先:北斎館 TEL 026-247-5206