文字サイズ
小 標準 大

3月20日(金)~6月16日(火)日本のあかり博物館 企画展「浮世絵にみるあかり 源氏絵の中のあかり」開催のお知らせ



日本のあかり博物館では、下記の日程で企画展「浮世絵にみるあかり 源氏絵の中のあかり」を開催いたします。


江戸時代から明治時代にかけて、多くの絵師たちによって、時代の風俗を描いた浮世絵が作られました。今回取り上げる源氏絵は、数多く制作された浮世絵の中でも、人びとに好まれていたジャンルです。特に政情不安渦巻く幕末を生きる庶民にとって、源氏絵に描き出された華やかで夢のある世界は、浮世の辛さを一時忘れさせてくれるものでした。
今回はこの源氏絵作品いくつかを、そこに描かれた灯火具とともに紹介します。これらの作品から、当時の文化・風俗の一端を感じ取っていただくとともに、心身ともに豊かな生活へ憧れた人々の思いを感じながらご覧ください。


【浮世絵にみるあかり 浮世絵の中のあかり】
●開催期間:3/20(金)~ 6/16(火)
●開催時間:3/20は9時30分~16時30分 3/21(土)~は、9時~17時までとなります。
※閉館時間の30分前にはご入館ください。
●休館日:毎週水曜(祝日は開館) 
●料 金:大人500円、高・大学生400円、中学生以下無料
●お問合せ先: 日本のあかり博物館 TEL 026-247-5669