文字サイズ
小 標準 大

2017年12月

9月22日(金)~2018年3月27日(火)日本あかり博物館「西鶴 浮世絵草子にみる 江戸期のあかり」企画展のお知らせ

2017年09月26日

日本のあかり博物館では、下記の日程で「西鶴 浮世草子 江戸期のあかり」と題して、特別展を開催しております。

井原西鶴は、江戸前期の俳人であり浮世草子作者でもありました。彼がそのスタイルを作り出したともいわれてれる浮世絵草子は、庶民生活の幅広い主題を扱った小説で、元禄期の大阪を中心に流行しました。この浮世草子のいくつかには、灯火具が登場するものがあります。
今回の展示では、あかりの絵が描かれた西鶴 浮世草子とともに、そこに描かれている灯火具をあわせてご覧いただく事ができます。
この機会に、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。



「西鶴 浮世草子にみる 江戸期のあかり」
会  期:9月22日(金)~3月27日(火)
開館時間:9時~17時
     9時30分~16時30分(11月21日~3月20日)

入館料 :大人500円 高・大学生400円 小・中学生無料
     団体割引1割(20名様以上)
休館日:水曜日(ただし10月、11月は無休)
お問合せ先:日本のあかり博物館 
      TEL 026-247-5669



●イベントのご案内
「あかりの日記念ウォーク」 10月16日(月)~10月22日(日)
「タワーキャンドルづくり」 1月6日(土)
「キャンドルづくり講座」  3月24日(土)
※時間、料金などの詳細は日本のあかり博物館までお問い合わせください。

 

10月6日(金)~12月5日(火) おぶせミュージアム・中島千波館 開館二十五周年記念「中島千波展"美術館がやってきた"」開催

2017年09月24日

花鳥画、人物画、挿絵などさまざまなジャンルの作品制作を行う、小布施出身の日本画家、中島千波(1945~)。
中島千波が47歳の時に開館した町立美術館である「おぶせミュージアム・中島千波館」は今年で開館して25年を迎えました。
記念展ではサブタイトルを「美術館がやってきた」とし、中島千波作品を所蔵している全国各地の美術館のご協力のもと、テーマごとに展開します。
おなじみの桜の屏風作品から、ライフワークとしている人物画のシリーズ、そのほか今回は肖像画や神仏画など、あまり知られていない珍しい作品も展示します。
また近年取り組んでいる独立峰シリーズも圧巻です。
盛りだくさんの展示をぜひじっくりとご覧ください。


*Jazzコンサート「第9回 Hot Jazz Night in中島千波館」
日時:10月3日(土) 18時30分開演
参加費:3,500円(入館料込み)
出演:市川秀男(P)、吉野弘志(b)、二本柳守(ds)、竹内直(sax)
共催:宅配処マム・シモムラ


*作家によるギャラリートーク
日時:11月19日(日曜日) 午後2時~
講師:中島千波氏 


2017年10月6日(金)~12月5日(火)
9:00~17:00(最終入館16:30) 会期中無休
入館料:一般500円・高校生250円・中学生以下 無料
おぶせミュージアム・中島千波館
長野県上高井郡小布施町小布施595
Tel 026-246-6111

9月27日(水)~12月6日(水) 髙井鴻山記念館 「鴻山の愛でた江戸期の名品」開催

2017年09月24日

病気あがりの鴻山の漢詩に「画軸をひもといて一日中みていたら、家蔵の絵をみつくしてしまった」というものがあります。
美しきものを愛した鴻山は多くの絵を購入したと言われています。また、友人からの依頼に応じて江戸、京都から絵画を入手しました。
当時のメモ帳には岸駒、星巌らの他、若冲や文晁らの名もみられます。
明治末頃に髙井家から他へ出た見事な屏風絵なども展示されます。
この機会にぜひご覧ください。


「鴻山の愛でた江戸期の名品」
会期:9月27日(水)~12月6日(水)
時間:午前9時~午後5時
料金:一般300円、高校生150円、中学生以下無料
お問い合わせ先:髙井鴻山記念館 ℡026-247-4049