文字サイズ
小 標準 大

2017年12月

平成29年12月8日(金)~平成30年2月14日(水) おぶせミュージアム・中島千波館 「おぶせミュージアムコレクション展」開催

2017年12月02日

「おぶせミュージアムコレクション展」では、小布施出身の日本画家、中島千波(1945~)の父で同じく日本画家だった中島清之(きよし)や、小布施出身の金属造形作家、春山文典(1945~)のほか、さまざまな作家の作品を展示いたします。今年新しく寄託された作品も含め、ジャンルにとらわれない作品の数々を、ぜひごゆっくりご鑑賞ください。開館二十五周年にあわせ、作品にまつわる25のクイズを出題予定。クイズに参加しながら鑑賞して、より作品への味わいが深まる内容になっています。


会期:平成29年12月8日(金)~平成30年2月14日(水)
12月31日(日)は休館となります。
開館時間:午前9時~午後5時(1月1日のみ午前10時~午後3時)
入館料:一般500円/高校生250円(中学生以下無料)
※障害者手帳、療育手帳等をお持ちいただくと半額、20人以上の団体1割引


<イベント>
「アートに親しむ」をテーマに、展覧会に連動したさまざまなイベントを開催します。寒い冬ですが、ぜひ美術館に出掛けて普段できない体験をしてみましょう!

詳細は随時、おぶせミュージアム・中島千波館ホームページにてお知らせされます。


*ワークショップ 「手作りコースターを作ってお茶を飲もう」(要予約)
12月17日(日曜日) 午前10時~
講師:久保田知子さん (アトリエトンガリ主宰・テキスタイルアーティスト)

*ギャラリートーク「伊藤若冲について」
2月3日(土曜日) 午後2時~ 
講師:安村敏信さん (北斎館館長・萬美術屋)

*ワークショップ「おいしい!お菓子の家づくり」(要予約)
2月11日(土曜日) 午前10時~
講師:久保田知子さん (アトリエトンガリ主宰・テキスタイルアーティスト)


<お得なお知らせ>
展覧会会期中の平日にお越しいただいた人には、ミュージアム・カフェの割引券(100円引き)を贈呈します。ぜひご利用ください。


<問い合わせ>
おぶせミュージアム・中島千波館 Tel 026-247-6111

平成29年12月8日(金)~平成30年4月18日(水) 高井鴻山記念館 「鴻山と師・知友展」開催のお知らせ

2017年11月29日

高井鴻山記念館では、下記の日程で2017年冬の特別展「鴻山と師・知友展 北斎・像山ら多彩な顔ぶれ」を開催いたします。


芸術家、経世家、教育者でもあった高井鴻山。その交友関係は広く、多くの文人墨客と交流がありました。佐久間象山・高井鴻山合作「除魔画賛」、北斎の「日新除魔図」、北斎の娘・応為の「百合」、横山上龍の「狆と美人図」など、鴻山の師や知友の作品を展示します。
この機会に、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

会期 :12月8日(金)~ 平成30年4月18日(水)
   ※12月31日 休館
    1月1日  10時から15時まで開館

入館料:・大人 300円 
    ・高校生 150円 
    ・中学生以下 無料


お問合せ先:高井鴻山記念館 ☎026-247-4049

2017年12月2日(土)~2018年1月21日(日) 北斎館 「ワクワクドキドキ!読本挿絵の世界」開催

2017年11月26日

北斎館では2017年12月2日(土)~2018年1月21日(日)まで特別展「ワクワクドキドキ! 読本挿絵の世界」展を開催します。
本展覧会では、葛飾北斎が挿絵を描いた『椿説弓張月』と『新編水滸画伝』をご紹介いたします。

自身の作画人生の中で多くの作品を描き続けた葛飾北斎は、四十代の半ばより数々の読本挿絵を手がけました。
読本とは、江戸時代後期に流行した長編小説のことで、中国や日本の古典的な伝承や、説話などを題材に取り、作者独自の想像を交えて書かれたものです。
北斎は、『南総里見八犬伝』などの代表作で有名な、曲亭馬琴などの当時の流行作家と手を組んで、視覚的効果をもたらす挿絵を手がけました。墨の濃淡を駆使し、現実の世界と非現実の世界の表現を分けたりするなど、彼の挿絵からは無限の可能性を感じることができます。
画面構成の面では、まるで現代のマンガのように、絵を枠からわざとはみ出させたり、直線や曲線を巧みに使い、スピード感や、登場人物の一瞬の動きを表現しています。

北斎の描いた読本挿絵の世界をどうぞお楽しみください。


会期:2017年12月2日(土)~2018年1月21日(日)
(2017年12月31日(日)は休館となります)
開館時間:午前9時~午後5時
※ 入館は閉館時間の30分前まで
※ 2018年1月1日(月)のみ午前10時~午後3時
入館料:大人1,000円、高校生700円、中学生以下無料
お問合わ先:北斎館 ℡026-247-5206

12月24日(日)おぶせ藤岡牧夫美術館 「クリスマスコンサート」開催のお知らせ

2017年11月09日

おぶせ藤岡牧夫美術館では、下記の日程でクリスマスコンサートを開催いたします。
幻想的なクリスマスシーズンの1日を、素敵な音楽と空間でぜひお楽しみください。

「クリスマス・コンサート」森のくまさん木曽物語・出版記念(12月発売)
●開催日時 :12月24日(日) 13時30分~15時30分
●料金   :大人2,000円(入館料含む)/ 高校生1,000円(入館料無料)
●会場   :おぶせ藤岡牧夫美術館 常設展示室
●お問合せ先:おぶせ藤岡牧夫美術館 TEL 026-247-5461(月曜日休館)


9月22日(金)~2018年3月27日(火)日本あかり博物館「西鶴 浮世絵草子にみる 江戸期のあかり」企画展のお知らせ

2017年09月26日

日本のあかり博物館では、下記の日程で「西鶴 浮世草子 江戸期のあかり」と題して、特別展を開催しております。

井原西鶴は、江戸前期の俳人であり浮世草子作者でもありました。彼がそのスタイルを作り出したともいわれてれる浮世絵草子は、庶民生活の幅広い主題を扱った小説で、元禄期の大阪を中心に流行しました。この浮世草子のいくつかには、灯火具が登場するものがあります。
今回の展示では、あかりの絵が描かれた西鶴 浮世草子とともに、そこに描かれている灯火具をあわせてご覧いただく事ができます。
この機会に、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。



「西鶴 浮世草子にみる 江戸期のあかり」
会  期:9月22日(金)~3月27日(火)
開館時間:9時~17時
     9時30分~16時30分(11月21日~3月20日)

入館料 :大人500円 高・大学生400円 小・中学生無料
     団体割引1割(20名様以上)
休館日:水曜日(ただし10月、11月は無休)
お問合せ先:日本のあかり博物館 
      TEL 026-247-5669



●イベントのご案内
「あかりの日記念ウォーク」 10月16日(月)~10月22日(日)
「タワーキャンドルづくり」 1月6日(土)
「キャンドルづくり講座」  3月24日(土)
※時間、料金などの詳細は日本のあかり博物館までお問い合わせください。

 

12月23日(土)日本のあかり博物館「クリスマスキャンドルづくり」開催

2017年09月24日

日本のあかり博物館では、クリスマスに合わせて「クリスマスキャンドルづくり」を行います。
お隣り、山ノ内町在住のキャンドル作家Lila's Candleさんを講師にステキなキャンドルづくりをします。
今回はホイップしたロウを使って雪だるまの形のキャンドルを制作します。雪だるまの土台を作った後は、顔や手などの装飾を自由にお楽しみいただけます。みなさんの個性豊かな雪だるまを作ってください。

<申し込み方法>
日 時:12月23日(土)、午前の部10:00~、午後の部13:30~
各定員:10名
参加費:800円(入館料含む)
所要時間:1時間30分~2時間
申し込み方法:12月21日(木)までに電話またはファクスにてお申し込みください。

お申し込み・問い合わせ先
日本のあかり博物館 電話&ファクス 026-247-5669 9:30~16:30