文字サイズ
小 標準 大

2018年9月

9月15日(土)~11月25日(日) 北斎館 企画展「北斎VS北斎 冨嶽三十六景×富嶽百景」開催

2018年09月19日

北斎館では9月15日(土)~11月25日(日)まで企画展「北斎VS北斎 冨嶽三十六景×富嶽百景」を開催します。


天保元年(1830)から5年(1834)にかけて出版された、「冨嶽三十六景」は大好評を得て、北斎は浮世絵界に風景画という新たなジャンルを確立しました。「冨嶽三十六景」を完成させた北斎でしたが、富士を描きたいという思いはおさまることはありませんでした。


富士の様々な景観を余すところなく描きたかった北斎は、天保5年(1834)に『富嶽百景』を発表し、同シリーズは第三編まで刊行されました。「冨嶽三十六景」はそれぞれが鮮やかな錦絵の作品であるのに対し、『富嶽百景』は単色で描かれ、また形も異なる版本として出版されました。


「冨嶽三十六景」と『富嶽百景』の作者は同じ人物、しかし互いに異彩を放つ両者。今もなお多くの人々を魅了してやまない、傑作の対峙をお楽しみください。



会期:9月15日(土)~11月25日(日)
開館時間:午前9時~午後5時(ご入館は午後4時30分まで)
入館料:大人1,000円、高校生700円、中学生以下無料
お問合せ先:北斎館 ℡026-247-5206

9月21日(金)~12月4日(火)おぶせミュージアム中島千波館「"デッサンは大切です"中島千波ー花と人と山の屏風絵展」

2018年09月16日

おぶせミュージアム中島千波館では下記の日程で企画展が開催されます。


花鳥画、人物画、挿絵などさまざまなジャンルの作品制作を行う、小布施出身の日本画家、中島千波。今回は花鳥画や近年取り組んでいる世界の独立峰シリーズ、そしてライフワークの人物画を中心にしながら、そのデッサンと共に展示します。
カメラの発達により、現代では写真を撮ってそこから絵にすることは容易ですが、中島千波はそれをしません。必ず現地に向かい、対象物と向き合ってデッサンをしています。
見ごたえのある作品をぜひこの機会にゆっくりとご覧ください。

【"デッサンは大切です"‐花と山と人の屏風絵展】
会期期間:9月21日(金)~12月4日(火) ※会期中無休
開館時間:9時~17時
入館料: 一般500円、高校生250円、中学生以下無料
お問合せ先:おぶせミュージアム・中島千波館
      TEL 026-247-6111



●イベント●
作家によるギャラリートーク

これまでに訪れた海外の山々のデッサンの様子について、デッサンの様子や海外での過ごし方などの写真を見ながら、お話をお聞きします。

日時:11月18日(日) 14時~
お問合せ先:おぶせミュージアム・中島千波館
講師:中島千波

9月29日(土)~10月14日(日)ギャラリー唐十郎 「月岡 秋の陶芸展・水墨画展」開催のお知らせ

2018年09月06日

国道403号の中町交差点近くにある、ギャラリー唐十郎(とうじゅうろう)では、秋の個展を下記の日程で開催します。期間中は唐十郎作の抹茶碗でのお茶席も御座います。ぜひこの機会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

「月岡 秋の陶芸展・水墨画展」
期 間:9月29日(土)~10月14日(日)
    ※期間中の水曜日は定休日となります。
時 間:10時~17時
場 所:ギャラリー唐十郎 中町交差点前
入館料:無料
お問合せ先:090-4721-4971(月岡唐十郎)
      ギャラリー唐十郎



陶芸は洋風の青を基調としたイタリア「青の洞窟シリーズ」をはじめ
和風の「一茶の俳句入り蕎麦猪口」等、近年の陶芸作品100種、約200点を展示。
水墨画、また本物の北斎「冨嶽百景」等、約20点展示。


※写真の水墨画作品は「天空の竹田城」、陶芸作品は「カプリ島、青の洞窟花瓶」です。

9月4日(火)~12月24日(月)おぶせ藤岡牧夫美術館 「秋が来て、そして冬」開催のお知らせ

2018年09月05日

おぶせ藤岡牧夫美術館では、下記の日程で、「秋が来て、そして冬」と題して企画展を開催します。
今回は、「風に吹かれて」より未発表作品をご覧いただけます。
待ちに待った秋、信州の秋、おぶせの秋、子どもたちの秋、そんな秋の一日をおぶせ藤岡牧夫美術館で楽しんでみてはいかがでしょうか。


企画展「秋が来て、そして冬」
開催期間:9月4日(火)~12月24日(月)
場  所:おぶせ藤岡牧夫美術館
開館時間:10時~17時
休館日: 月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
入館料:大人500円、高校生以下無料
お問合せ先:おぶせ藤岡牧夫美術館
      TEL 026-247-5461



※企画展のチラシにあるメインの絵は小布施町にある「浄光寺」です。
 秋が深まりますとこの絵のように大変美しい光景をご覧いただけます。
 こちらも併せてご覧ください。
 


秋の小布施を楽しむ「栗拾い」参加者募集!!

2018年08月19日

小布施といえば「栗」。栗農家さんの畑で栗拾い体験をしませんか? 初めての方も、そうでない方もいっしょに楽しみましょう!

集合場所: 小布施総合案内所(長野電鉄・小布施駅舎内 ℡026-214-6300)

集合時間: 9:45

時 間: 10:00~12:00

実施日 : 

A) 栗畑(会場)まで徒歩で移動となります

9月15日(土)17日(月・祝)22日(土)24日(月・祝)29日(土)

B) 栗畑(会場)までお客様自身の車で移動となります。

9月13日(木)18日(火)25日(火)



定 員: 2名~10名。定員になり次第締め切らせていただきます。※予約制


参加費: 中学生以上2,000円(栗のお土産付き)、小学生1,000円(お土産は付きません)、未就学児無料。お子様のみのご参加はご遠慮いただいております。


お申込み方法
次の事項をメールまたはFAX、電話にてお申し込みください。
①希望日 ②人数(大人、子供) ③代表者氏名 ④住所 ⑤連絡先(自宅、携帯番号→台風などの影響で急な連絡が必要になる場合があります。必ずご記入お願いします。FAXの方はFAX番号)
メールの場合は、machiaruki-guide@obusekanko.jp宛に上記事項をご記入いただき、「件名」には「栗ひろい」と明記して、お申し込みください。

※動きやすい服装、靴でお越しください。雨天が予想される場合は雨具をご持参ください。

※栗拾いに必要な道具は、こちらで準備いたします。

※栗をご希望の方には500g500円で販売致します。

※参加希望日の一週間前までにお申し込み下さい。

※栗の生育状況、天候により中止になる場合もございます。あらかじめご了承ください。



★キャンセルについて

参加日の3日前までに、電話にてご連絡くださいますようお願い致します。



お問い合わせ&お申込み先

小布施文化観光協会 9:00~17:00 月~日

電話 026-214-6300  FAX 026-214-6363

8月31日(金)~9月17日(月)「小布施ブラムリーフェア 2018」開催のお知らせ

2018年08月13日

信州小布施で栽培される料理用の青いりんご「ブラムリー」。今までにないその新鮮な味わいが、料理研究家やレストランのシェフ、愛好家から注目されています。
毎年、多くの方が楽しみにしている「ブラムリーフェア」。今年の参加店は30店舗。各店が趣向を凝らしたお料理、デザートなどを開催期間中にぜひお楽しみください。

開催期間:8月31日(金)~9月17日(日)
開催場所:小布施町内の参加各店
お問合せ先:小布施町役場産業振興課
      TEL 026-247-3111
     :一般財団法人小布施町振興公社・小布施屋
      TEL 026-242-6600 
      FAX 026-242-6601

2018ブラムリーフェア 参加店.jpgのサムネール画像

2018ブラムリーフェア参加店地図.jpgのサムネール画像

9月30日(日)おぶせ藤岡牧夫美術館 「森の美術館 コンサート」開催のお知らせ

2018年08月13日

おぶせ藤岡牧夫美術館では、「2018 古川園子 森の美術館を コンサート」を下記の日程で開催します。
今年はドビュッシー没後100年、20世紀初頭、世界中の文化人、芸術家がパリに集まり、大きく芸術が花開き、その様式が転換していった時代です。そのようなパリを思い描きながら、名曲の数々を、山本彩子さんのピアノと共にお楽しみください。
秋の一日を、美術館で過ごしてみませんか。




◆~100年前のパリに想いをはせて~
 「2018 古川園子 森の美術館を コンサート」
 ●開催日:9月30日(日)
 ●時 間:14:00~15:00 コンサート
     :15:10~15:40 カフェタイム(メゾン・ド・ナチュール)
 ●場 所:おぶせ藤岡牧夫美術館 (旧おぶせ中国美術館)
 ●参加費:一般2,500円、大学生以下1,500円 
      ※ドリンク、お菓子付き

 ●お問合せ先・ご予約
     :おぶせ藤岡牧夫美術館  026-247-5461
     :古川園子 090-8809-2681


    

7月5日(木)~9月25日(火) 髙井鴻山記念館 夏季展「大妖怪展 異界にみるもののけ」開催のお知らせ

2018年07月12日

髙井鴻山記念館では、下記の日程で夏季展「大妖怪展 異界にみるもののけ」を開催いたします。


葛飾北斎など文人墨客たちと幅広く交流があった高井鴻山は妖怪画を多く残しています。
鴻山の描いた妖怪は"バケモノ"と言われながらの愛され続け、家々に受け継がれてきました。
こちらの展示では鴻山が多く描いた妖怪画に焦点をあてます。


妖怪画を見た鴻山の友人が「これは何物ぞ」と問うと、鴻山は「予(われ)もまた之(これ)を知らず」と答えたという逸話が残っており、鴻山にはその不思議な姿が見えていたのかもしれません。
夏の髙井鴻山記念館は、そんな妖怪たちの館になります。髙井家の天井の梁や、柱の陰に妖怪の姿を見つけてみてはいかがでしょうか?

会期 :7月5日(木)~9月25日(火)

入館料:・大人 300円
    ・高校生 150円
    ・中学生以下 無料
お問合せ先:髙井鴻山記念館 ☎026-247-4049



【特別企画】妖怪夜会
9月1日(土)18:00~ 夜間入館無料(18:00~20:00)
蔵のなかで怪談を聞き、肝試しに参加してみませんか?
当日は髙井鴻山記念館横の幟の広場に屋台の出店もあります。
また日本のあかり博物館では連動企画「宵あかり」を開催します。
お問合せ先:髙井鴻山記念館 ☎026-247-4049


【連動企画】「宵あかり」日本のあかり博物館
9月1日(土)17:00~ 夜間入館無料(17:00~20:00)
◆地元のキャンドル作家Lila's Candleによる「クッキーキャンドルづくり」
17:00~19:30 要参加費、要予約
◆博物館スタッフにより「暗やみの中のあかり体験」
17:00~19:30 体験料不要、予約不要
お問合せ先:日本のあかり博物館 ☎026-247-5669

7月16日(月・祝)~9月10日(月)「小布施でカレー記念日を!」の開催のお知らせ

2018年07月01日

毎年大好評の「小布施でカレー記念日を!」が今年も開催されます。第5回目となる今回は、なんと参加店が11店。それぞれ工夫を凝らしたカレーやカレーパンを楽しんでいただけます。気になっているあのお店のあのカレー、ぜひこの機会にお楽しみください!!スタンプラリーも楽しめますよ。

「小布施でカレー記念日を!」参加店 
※営業時間、定休日、または内容などの詳細は各店舗にお問い合わせください。
●おぶせ温泉 穴観音の湯 KITCHEN 穴 GOHAN  026-214-2449
●おぶせ温泉 あけびの湯   026-247-4880
●小布施・味麓庵   026-247-6877
●町のパン屋さん 丸十ベーカリー  026-247-5575
●パンと焼菓子 ohana    026-214-0678
●ア・ラ・小布施 (お食事券引換所)  026-247-5050 ※こちらではスタンプラリーはありません。
●串とめん処 Obuse 桂亭   026-247-4541
●ヒロシマンと利へいさん   090-3899-4902
●カフェ・ド・珈茅   080-4293-0515
●カフェレストラン メイプル   026-247-5847
●TOMMY'S    026-247-6631


第5回小布施でカレー記念日を!.pdf

!スタンプラリー第5回小布施でカレー記念日を.pdf