文字サイズ
小 標準 大

2019年4月

4月23日(火)~9月1日(日)おぶせ藤岡牧夫美術館 企画展「楽しいよ!夏休み!」原画展 開催のお知らせ

2019年04月12日

おぶせ藤岡牧夫美術館では、信濃毎日新聞連載「風に吹かれて」より「河童の先生」など美術館展示未発表作品などの企画展「楽しいよ!夏休み!」を開催いたします。今回の企画展は未発表作品が見れるということで、この機会にぜひお楽しみください。


企画展「楽しいよ!夏休み!」原画展
●開催期間:4月23日(火)~9月1日(日)
●開館時間:10時~17:00
●休館日:月曜日(祝祭日の場合は翌火曜日)
●お問合せ先:おぶせ藤岡牧夫美術館 TEL 026-247-5461

7月7日(日)には、「七夕コンサート」が開催されます。
 出演:篠原正志(ギター)
   :たのえ恵美(チェロ) 他      

4月12日(金)~4月23日(火) Art&Craft よしのや 「陶窯薔炎彩」陶展 開催のお知らせ

2019年04月11日

Art &Craftよしのやでは、下記の日程で、「陶窯薔炎彩」(とうようしょうえんさい)陶展を開催いたします。陶芸家 本間友幸プロデュース陶窯薔炎彩の生活陶磁器展です。今回の陶展は美濃焼職人さんとのコラボ作品です。この機会にぜひご来店ください。 


【陶窯薔炎彩】陶展
●日 時:4月12日(金)~4月23日(火)10時~18時
                  ※最終日は15時まで
●定休日:水曜日(祝日は営業)
●お問合せ先:Art &Craft よしのや 
       TEL 026-242-6606
       ホームページもご覧ください。

3月15日(金)~6月4日(火)日本のあかり博物館 企画展 「浮世絵にみるあかり 新時代・到来!」開催のお知らせ

2019年03月27日

あかりの博物館では3月15日(金)より新たな企画展「浮世絵にみるあかり 新時代・到来!」を開催しております。

今回の企画展では、長く続いた江戸時代の終わり、西洋の影響を受けてさまざまな事物が大きく変動した時代の明治時代に使われていたあかりを、浮世絵と共にご覧いただけます。当時の人々の灯火具や暮らしにも注目していただけると、より一層お楽しみいただけると思います。ぜひこの機会に足をお運びください。

企画展「浮世絵にみるあかり 新時代・到来!」
●会期:3月15日(金)~6月4日(火)
●開館時間:9:00~17:00 
●休館日:水曜日(祝日は開館)
●お問合せ:日本のあかり博物館
      TEL 026-247-5669


3月30日(土)~6月9日(日) 北斎館 企画展「面白すぎる!!北斎漫画の世界Ⅲ」開催のお知らせ

2019年03月27日

北斎館では下記の日程で、企画展「面白すぎる!!北斎漫画の世界Ⅲ」を開催いたします。
今回は、北斎作「北斎漫画」の10編から15編の作品を公開いたします。


「北斎漫画」は、文化11年~明治11年の65年間にわたり刊行された大ベストセラー作品です。北斎55歳の時に初編が出版され、終盤の13~15編は北斎没後に出版されました。北斎が亡くなってもなお出版され続けた「北斎漫画」に人気ぶりがうかがえます。


この漫画を出版された頃の北斎には、なんと50歳半ばにして200人以上の弟子がいたと言われており、全員を直接教えるのは難しく、「版本」という誰でも簡単に見ることができる形にし、多くの弟子への絵手本(現代でいう教科書)として、また、葛飾風を世に広めるために、この「北斎漫画」を刊行したとされています。


「漫画」というと現代の「マンガ」「コミック」を思い浮かべますが、「北斎漫画」は、「絵の教科書」として発表されたもの。しかし、絵を志すものだけではなく、子供からお年寄り、庶民から大名までさまざまな人の間で大人気となりました。


この「北斎漫画」は、外国でも大人気でした。オランダが唯一の鎖国時代。その時代に日本から工芸品を輸出する際に読み古された「北斎漫画」がクッション材として使われ、遠く海を渡り、ヨーロッパの人々の目に留まりました。その漫画を見た人々は、次第に日本への憧れを抱くようになり、日本風の絵を描いたり、日本のものを集めたりするようになりました。この、ヨーロッパを中心に巻き起こった"ジャポニズム"のきっかけになったのが「北斎漫画」でした。


今なお、世界を魅了する北斎の「北斎漫画」をぜひお楽しみください。

企画展「面白すぎる!!北斎漫画の世界Ⅲ」
●会期:3月30日(土)~6月9日(日)
●開館時間:午前9時~午後5時(ご入館は午後4時30分まで)
●入館料:大人1,000円、高校生700円、中学生以下無料
お問合せ先:北斎館
      ℡026-247-5206


 

2月23日(土)~5月7日(火) おぶせミュージアム・中島千波館「ShinPA」開催のお知らせ

2019年02月20日

おぶせミュージアム・中島千波館では2006年以降テーマを設けて開催をしてきました企画展「ShinPA」を今年も開催を致します。今年は「迷宮」をテーマとしました。
ShinPAでは、様々な表現と技法が混在し、一人一人の個性がぶつかり合う場所です。作家それぞれの世界観からなる空間そのものを"迷宮"に例えることができるのではないかと考えました。
15人それぞれが記す漢字一文字を手掛かりに、より深く絵の世界に入り込んでいただけると思います。会期中は、ワークショップやトークショーも開催されます。併せてお楽しみください。



【ShinPAー迷宮ー】
●会期期間:2月23日(土)~5月7日(火)
●時  間:9時~17時(30分前にはご入館ください。)
●お問い合わせ先:おぶせミュージアム・中島千波館
        TEL 026-247-6111

関連企画【ShinPA スケッチドローイング展】
●開催期間:2月23日(土)~5月6日(月・祝)※火曜日はお休みです。
●時  間:9時~20時
●開催場所:小布施町立図書館 まちとしょテラソ
●お問い合わせ先:小布施町立 まちとしょテラソ
         TEL026-247-2747



【ShiunPA展ワークショップ きみもShinPAの絵を描いてみよう!】
企画展「ShinPA2019」の関連企画として展覧会テーマである「迷宮」から、出品作家を講師に迎えます。言葉遊びを通して「迷宮」のイメージを膨らませ、展示している絵を描いてみるという新しいワークショップです。
●開催日時:2月24日(日) 10時30分~12時
●場  所:おぶせミュージアム・中島千波館 展示室
●参加費: 無料 ※ただし入館料がかかります。
●お申し込み・お問い合わせ先:おぶせミュージアム・中島千波館
              TEL026-247-6111
どなたでも参加できます。小学生以下のお子さんは保護者の方の同伴をお願いいたします。
汚れてもいい服装でお越しください。

~4月21日(日) おぶせ藤岡牧夫美術館 「春をつかまえて」 開催のお知らせ

2019年01月30日

おぶせ藤岡牧夫美術館では、下記の日程で新しい企画展「春をつかまえて」が始まりました。同時に人気のシリーズ「森のくまさん木曽物語2」も開催いたします。
春の息吹を感じながら、ぜひこの機会に足をお運びください。春の訪れを感じられる企画展です!



企画展「春をつかまえて」
◆開催期間: 1月4日(金)~4月21日(日)
◆開館時間: 10時~17時
◆休館日:  月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
◆お問合せ: おぶせ藤岡牧夫美術館
       TEL 026-247-5461

2018年12月5日(水)~2019年4月17日(水) 高井鴻山記念館 冬季展「鴻山の世界―我は吾が様に依る―」開催

2018年11月23日

高井鴻山記念館では2018年12月5日(水)~2019年4月17日(水)の日程で冬季展「鴻山の世界―我は吾が様に依る―」を開催します。


鴻山の交友関係は広く、多くの文人墨客と交流がありました。
今回の企画展では、岸岱、山本梅逸、梁川星巌、横山上龍、葛飾為斎など鴻山と交流のあった芸術家の作品とともに、優れた芸術家でもあった鴻山の作品を多数展示します。
鴻山の世界をごゆっくりお楽しみください。



冬季展「鴻山の世界―我は吾が様に依る―」
◆会期:2018年12月5日(水)~2019年4月17日(水)
※2018年12月31日のみ休館
◆開館時間:午前9時~午後5時
※2019年1月1日のみ午前10時~午後3時まで
◆入館料:一般300円、高校生150円、中学生以下無料




お問合せ先:高井鴻山記念館 ☎026-247-4049