文字サイズ
小 標準 大

2020年4月

4月4日(土)~6月14日(日) 北斎館 「北斎デザインの世界」開催のお知らせ

2020年03月26日

北斎館では、下記の日程で、北斎のデザイナーとしての才能に焦点を当てた「北斎デザインの世界」を開催いたします。

北斎は版画や版本、肉筆画など多くのジャンルで優れた作品を残した絵師でしたが、デザイナーとしての才能にも秀でていました。絵師が建築装飾やデザインに携わることは古来行われてきたことで、北斎もそうした伝統的な絵師の本流にいたことが知られます。


本企画展では、北斎のデザイン集のほか、そのデザイン力の手がかりとなる資料をご覧いただきます。この機会に、北斎のデザインの世界をお楽しみください。


【北斎デザインの世界】
●期間:4月4日(土)~ 6月14日(日)

●時間:9:00~17:00 30分前までにご入館ください。

●休館:期間中は無休

●入館料:大人1,000円、高校生500円、小中学生300円

●お問合せ先:北斎館 TEL 026-247-5206


北斎デザインの世界
チラシもご覧ください↓
デザインの世界展チラシ.pdf


4月7日(火)~5月31日(日) おぶせ藤岡牧夫美術館 企画展「シャドーボックス作品展」開催のお知らせ

2020年03月18日

おぶせ藤岡牧夫美術館では、下記の日程で企画展「シャドーボックス作品展」を開催いたします。


アエリーのシャドーボックス工房の湯本千絵先生と門下生による作品展です。題材は藤岡牧夫の「風に吹かれて」から10点ほかを選びました。
シャドーボックスの3D空間の中で遊ぶ子どもたちや、信州の風景を確かな技術で見事に再現された作品の数々をお楽しみください。

【シャドーボックス作品展】
●開催期間:4/7(火)~5/31(日)
●開館時間:10時~17時 閉館時間の30分前にご入館ください。
●入館料: 一般500円(高校生以下は無料)
●休館日: 月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
●お問合せ先: おぶせ藤岡牧夫美術館 TEL 026-247-5461


■次回企画展■
【鎌倉長谷寺 ピエゾグラフ展】
 前期 6/30~8/30
 後期 9/1~11/3
 ご期待ください。

3月20日(金)~6月16日(火)日本のあかり博物館 企画展「浮世絵にみるあかり 源氏絵の中のあかり」開催のお知らせ

2020年03月10日

日本のあかり博物館では、下記の日程で企画展「浮世絵にみるあかり 源氏絵の中のあかり」を開催いたします。


江戸時代から明治時代にかけて、多くの絵師たちによって、時代の風俗を描いた浮世絵が作られました。今回取り上げる源氏絵は、数多く制作された浮世絵の中でも、人びとに好まれていたジャンルです。特に政情不安渦巻く幕末を生きる庶民にとって、源氏絵に描き出された華やかで夢のある世界は、浮世の辛さを一時忘れさせてくれるものでした。
今回はこの源氏絵作品いくつかを、そこに描かれた灯火具とともに紹介します。これらの作品から、当時の文化・風俗の一端を感じ取っていただくとともに、心身ともに豊かな生活へ憧れた人々の思いを感じながらご覧ください。


【浮世絵にみるあかり 浮世絵の中のあかり】
●開催期間:3/20(金)~ 6/16(火)
●開催時間:3/20は9時30分~16時30分 3/21(土)~は、9時~17時までとなります。
※閉館時間の30分前にはご入館ください。
●休館日:毎週水曜(祝日は開館) 
●料 金:大人500円、高・大学生400円、中学生以下無料
●お問合せ先: 日本のあかり博物館 TEL 026-247-5669

12月5日(木)~令和2年4月22日(水)高井鴻山記念館 冬季展「詩書画一体 鴻山の世界 胸中は至素」開催のお知らせ 

2019年12月04日

高井鴻山記念館では、冬季展「詩書画一体 鴻山の世界 胸中は至素」を開催いたします。

江戸時代の小布施の豪農商・高井鴻山は、青年時代に京都・江戸に遊学し、多くの文人墨客と交流するとともに、様々な学問・芸術を学びました。詩、書、絵などの多くの作品を残した鴻山が常に銘としていたのは「胸中な至素(しそ)」、つまり「自然」です。今回の企画展では、そんな鴻山の心があらわれた多くの作品のうち、鴻山記念館の収蔵品を中心に展示します。ぜひこの機会に、鴻山の世界をご堪能下さい。


【詩書画一体 鴻山の世界 胸中は至素】
会期間: 12/5(木)~令和2年 4/22(水) 
        ※12/31(火)のみ休館
開館時間: 9時~17時  
        ※1/1のみ10時~15時 閉館時間30分前にはご入館ください。
入館料: 大人300円、高校生150円、中学生以下無料
お問合せ先: 高井鴻山記念館
       TEL 026-247-4049


チラシをご覧ください。↓
企画展高井鴻山記念館 冬 .pdf