文字サイズ
小 標準 大
小布施歳時記
春 「花あふれる景色」

小布施は花の町。 町のいたるところで様々な花があしらわれていますが さらに千曲川の桜づつみに足を運ぶと、またちがったダイナミックな花の情景を堪能できます。 雄大な北信濃の山々の残雪をバックに一面に咲く菜の花、八重桜、そしてりんごやももの花。 たっぷりと時間を取ってゆっくりと巡ってみましょう。

4月中旬 桜の見ごろ、境内アート小布施
4月下旬 菜の花の見ごろ
4月末 千曲川ふれあい公園花祭り
4月下旬~5月上旬 桜づつみの花の見ごろ
5月上旬 子供祝みこし、りんごの花の見ごろ
6月中旬 栗の開花、栗花市
さくらんぼ狩り
桜
夏 「全身で感じる爽快感」

小布施の夏は、魅力的なイベントが目白押し。 くりんこ祭りや音楽祭、そして全国に名を馳せる小布施見にマラソン。 どれもこれも小布施らしい工夫が凝らされた個性的なイベントです。 小布施自慢のおいしい夏野菜も直売所に並び、明るくて全身で感じる小布施の夏です。

7月中旬 小布施見にマラソン
小布施丸なす収穫
7月下旬 くりんこ祭り・子供みこし
8月12日 お花市
8月下旬 小布施音楽祭
8月 もも、ネクタリンの収穫
小布施見にマラソン
秋 「実り豊かな特産品」

特産の栗と果物が小布施町中にあふれます。
寒暖の差が大きい北信濃の気候と、水はけのよい緩やかな斜面が育んだ小布施自慢の果物は、観光農園で自分でもぎ取ってそのまま食べるのも良し、直売所で買ってお土産にするのも良し。
地物の栗を使った小布施名物の栗菓子の仕込みも始まります。

9月中旬~10月中旬 東町きつね祭り、 巨峰や栗の収穫、 栗菓子の仕込み、 おぶせ秋のサイクリング、 六斎市
10月 稲刈り、脱穀
10月中旬 千年樹の里まつり
10月下旬 ふじりんごの収穫
10月末 菊花展
栗の木
冬 「静かな幽玄の世界」

訪れる人を魅了する小布施の町並みや、岩松院などの名刹も純白の雪に包まれて、小布施の冬は幽玄の世界です。
張り詰めた空気を感じながら、かつて北斎が歩いた足跡をたどってみましょう。
そして、1月に開かれる安市は、江戸時代から続く六斎市の流れをくんだ伝統の市。
遠方にも聞こえた市の賑わいに包まれてみませんか。

1月中旬 『安市』
街道が交わる交通の要所小布施では江戸時代初期より大きな市が立ち、それは毎月6回開かれることから六斎市と呼ばれていました。
この市は安市として受け継がれ、現在では毎年1月14日・15日に開かれています。
町中心部にある皇大神社で福だるまや縁起物が売られ、五穀豊穣を祈願する行者の火渡りを一目見ようと大勢の見物客で賑わい、北信濃を代表する冬の催事となっています。
2月 日本酒の仕込み
雪の積もった神社